アフターピル値段

アフターピル値段/行為後72時間以内の緊急避妊ピル

アフターピルは最後の助けです

 

女性が唯一自分からの意志で避妊をできる方法がピルになります。

 

低用量ピルを28日周期で服用することにより、避妊できるタイプが主流です。

 

世界では多くの女性がピルを服用することを行っていて、日本ではまだピルを服用する女性は少なく、ピルに関しては、後進国と言えます。

 

最近では、ピルを服用する事が避妊ばかりではなく、無駄な生理による女性の体への悪影響も減らす事も知られるようになり、少しずつですがピルを服用する女性も増えてきています。

 

望まない妊娠をしてしまう女性の多くは、アフターピルなどで自分の意思で避妊することを知らずに、そのまま妊娠を受け入れてしまいます。

 

もしアフターピルの存在を知っていたら、そのような女性の人生がどんなに違う方向に進む事ができたでしょう。

 

アフターピルは、妊娠の可能性がある場合に、最後の方法として、その妊娠を女性の意志で止める事ができます。

 

アフターピル値段

アフターピルは、気がついたらなるべく早く飲む事で効果が100%に近づきます。

 

女性は、妊娠に関しては受け身になりますので、どうしても自分で防衛する事が必用です。

 

万が一の時に備えて、アフターピルは使用しない事が一番ですが、やはり用意しておきましょう。

 

そんな状態になってから次の日に医者に行ったのでは、時間も経ち妊娠の可能性もぐっと高くなってしまいます。

 

週末で病院がお休みでしたら、妊娠の可能性は更に高くなってしまいます。

 

アフターピルは、女性の意志で最悪のケースを防ぐ事が出来る唯一の手段ですので、携帯しておく事をお勧めします。

 

アフターピルを効果別に比較ご紹介

 

アフターピルは、

 

気がついたらコンドームが破けていた。

 

行為に夢中になり、彼が中出しをしてしまった。

 

行為後、妊娠しそうで何となく心配

 

レイプされてしまった。

 

そんな時に、行為後72時間以内でしたら、妊娠を防ぐ事が出来る緊急避妊ピルです。
※早く飲むほど、避妊率は高くなりますので、危ないと思ったらすぐに飲む事が重要です。

 

今妊娠したら困る、でも妊娠する可能性があるなどで心配な方は、アフターピルを事前に準備をしておきましょう。
気が付いてから次の日に医者に行ったのでは、すでに時間が経ち、妊娠の可能施が高くなってしまいます。

 

医者から購入しますと、保険が効きませんので、一錠で高額な値段を請求されますが、ネットからでしたら1000円弱で購入できます。
更に送料は全国無料です。

 

アフターピルのご紹介

 アイピルはアフターピルの中で一番人気です。

 

アイピル 1箱 1錠入り

 

 

 まとめて買うと大きく値引き

 

アイピル 5箱 1錠入り

 

もしもの時に、★妊娠検査薬アイキャン(i-can)★

 

 

 性交渉後5日以内(120時間)に服用することで、95%以上の効果がある最長のアフターピル

 

エラワン 1箱 1錠入り

 

 

 日本の産婦人科で好んで使用されているアフターピルです

 

ノルレボ 1箱 1錠入り

 

 

上記のアフターピルに関して更に詳しい詳細を勉強してみましょう!

 

アフターピルの種類

 

アフターピルには、72時間以内に1回飲みの物と、性交後72時間以内に1回目(1錠)を服用し、その12時間後に2回目(1錠)を服用する物の二つがあります。

 

どちらが良く効くかと言いますと、効果にはさほど違いがありません。

 

やはり人気があるものは、1回飲みのアイピルなどになります。

 

どうしても、お薬が合わない場合に、(アフターピルを使用してもすぐに吐いてしまうなど)違う薬を使用すると言った感覚になります。

 

今まで、アフターピルと言いますと72時間以内に飲む事で知られていましたが、最近では、5日(120時間以内)に服用すれば効果が期待できるエラワンなどもありますので、アフターピルの選択肢も増えています。

 

望まない妊娠は、いつ起こるか分かりません。

 

どんなに好きな彼との性行為でも、まだ結婚まで考えていないのでしたら、やはり妊娠は避けたいものです。

 

ですが、コンドームが破けてしまう。我慢できずに彼が中出しをしてしまった。など不測の事態は何時起こるか分かりません。

 

そんな時に自分を守ってくれるのはアフターピルです。

 

アフターピルには副作用が付いてきますが、妊娠して堕胎することにくらべたら、たいした事はありません。

 

万が一に備えてアフターピルは用意しておきましょう。

 

アフターピル 出血

 

アフターピルを服用して、避妊ができたかどうかは、消退出血(生理の様な出血)で判断をします。

 

早い人ですと3日もすると出血が見られるのですが、人によっては2週間ぐらい掛かる人もいます。

 

ですがこれ以上出血が見られない場合にはかなりの確率で妊娠している可能性があります。

 

アフターピルの服用から消退出血(生理の様な出血)が起こるまで、平均で10日と言われています。

 

いずれにしても、アフタ―ピルを使用した場合にも、2週間ぐらいしますと万が一妊娠している場合には、妊娠検査薬で結果が分かりますので、念のためにしておきましょう。

 

アフターピルは72時間以内に服用すれば、80%ぐらいの確率で避妊する事ができます。ぎりぎりで服用した場合の妊娠の確率は2%と言われています。

 

服用時間が早い程、確実に避妊ができますので、事前の準備は自分のためにしておきましょう。

 

卵子が精子と受精して、子宮に着床してしまうともう避妊はできません。

 

人によりこの時間はまちまちですが、だいたい2日と言われています。

 

2日ですので48時間になります。運悪く排卵とセックスが丁度同じ日になった場合には48時間以内にアフターピルを服用しませんと避妊はできない事になります。

 

確実な排卵日はなかなか正確に分からない場合が多いので、72時間とあっても48時間以内に服用することをお勧めします。

 

アフターピルは早期使用で効果が上がります。早期に対応しておきましょう!

 

アフターピル 副作用

 

アフターピルには、副作用がその昔には多くありました。

 

中容量ピルを使用して、アフターピルとしていた時代には、服用してからの吐き気やおう吐が大きな問題になっていました。

 

せっかく服用しても、全部すぐに吐いてしまいますので全く避妊の意味が無かった時代がありました。

 

それでもその時代には、最後の頼みの綱として中容量ピルを服用しなければいかなかったので、それに頼っていました。

 

ですが、最近では服用量も以前の2錠から1錠一回のみになって、吐き気やおう吐はほとんどなくなりました。

 

アフターピル値段

今では、72時間以内に服用すれば、かなりの確率で避妊する事が出来るようになっています。

 

避妊の確立は、時間と共に低くなっていきますので、72時間と言ってもなるべく早く服用する事で確実な避妊効果を得る事ができます。

 

その意味でも、アフターピルは事前に用意しておくことが必要です。

 

医者に行っても何も原因が無い状態で、もしもの時に備えてアフターピルを下さいトは言いずらいので、ネットを利用して上手に購入しておきましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ